急性期と対処法

うつ病を発症してから時間が経過するにつれて、症状は変わってきます。

うつ病を発症して最初に来るのが、急性期です。

急性期にはどういう状態になるのか、他にはどんな症状が出るのかを紹介します。

うつ病急性期について

うつ病と診断されてから3ヶ月くらいの時期を、急性期としています。

うつ病と診断された場合は症状に合わせて治療を開始しますが、状態によってはゆっくりと休養する必要があります。

同時に薬物治療なども並行していきますが、治療の効果が出ている場合は、3ヶ月ほどで症状が緩和されて行くのが一般的です。

ただしうつ病は個人差が大きいため、症状が緩和されるまでに6ヶ月かそれ以上かかる場合もあります。

いずれにしろうつ病と診断されてから、3ヶ月前後は急性期となるため、無理をしない事が大切です。

無理をしないというのは、ストレスの原因を遠ざけるという目的も含まれています。

仕事の人間関係やプレッシャーが原因になっている場合、仕事を休むか退職してストレスの原因を遠ざける事で、ストレスが軽減されます。

しかし仕事を簡単に辞められるとも限らないので、ストレスの原因を遠ざけるのは簡単に行かない場合もあります。

こういう時は医師と相談しながら、最適な方法を考えていく事になります。

急性期以外の症状

うつ病と診断され回復もしくは、克服するまでには急性期以外に、回復期、再発予防期というのがあります。

それぞれの時期で症状なども異なりますし、治療や対処法も変わってきます。

急性期は診断されてから3ヶ月ごろまでの事です。

回復期は4ヶ月以降から6ヶ月くらいをこう呼んでいますが、個人差があるため急性期が6ヶ月ごろまで続く場合は、それ以降が回復期となります。

回復期は調子が良い日もあれば、かなり調子が悪い日があるなど、一進一退を繰り返します。

悪い日があっても焦らず根気よく治療を続けていく事が大切です。

回復期に入ったら、少しずつ日常生活を取り戻すよう、規則正しい生活を心がけるよう生活サイクルを変えていきます。

一旦仕事を休んだり退職したりしている場合は、社会復帰に向けての生活リズムを整えていきます。

再発予防期は、回復期が終わってしばらく経った1年から2年目が該当します。

既に社会復帰や日常生活を取り戻していても、うつ病が再発する可能性はあります。

回復期以降も薬物治療を続け、うつ病が再発しないよう、いい状態を継続させる事が大切です。

薬物治療をしている場合は、良くなったからといって勝手に服用を中止する事のないよう、医師の指示に従う事が大切です。

 
  • facebook
  • tweet
  • google+
  • はてブ