うつ病と睡眠障害の関係

うつ病の症状にもいろいろなものがありますが、多くの人が睡眠障害を起こします。

睡眠障害というと眠れないというイメージがありますが、実は寝すぎてしまうという睡眠障害も存在しています。

うつ病により睡眠障害を起こした場合、どのような影響が出るのかを見ていきましょう。

うつ病で睡眠障害が出た場合

うつ病になる原因はその多くがストレスですが、以前は心の病気と考えられていたうつ病も、現在では研究が進み以前は解明されていなかった事も少しずつ明らかになっています。

その一つに脳から分泌される神経伝達物質が関係している事が分かっています。

ストレスが大きく、上手く解消できない人は、ダメージが大きくなり、脳から分泌されるセロトニンという物質が不足し始めます。

セロトニンは別名を幸せホルモンと言いますが、セロトニンが不足する事でうつ病を発症するというメカニズムが解明されています。

本来眠る前はリラックスした状態であり、セロトニンが適度に分泌されているのでスムーズな眠りに導いてくれます。

ところがセロトニンが不足していると、脳がリラックスできずに興奮状態となってしまい、眠りが浅くなったり、眠れなくなったりしてしまうのです。

しかしうつ病による睡眠障害の中には、寝すぎてしまうという症状もあります。

これを過眠症といいますが、これは非定型うつ病によく見られる症状です。

非定型うつ病は、好きな事をしている時は気分が良く、嫌な事はしたがらないという一見わがままに見える特徴があります。

通常のうつ病は食欲も低下しますが、非定型うつ病は食欲も元気もあり、いくら寝ても寝足りないので、眠くてたまらない様子を怠けていると勘違いされやすいのです。

睡眠障害が体に与える影響

睡眠障害にも種類がありますが、過眠症を伴う非定型うつ病の場合は、決して怠けているわけではないのに、怠け者と思われる事がストレスとなり、症状を悪化させてしまう事があります。

非定型うつ病以外の、メランコリー型うつ病でも、薬物療法で処方される精神安定剤や抗うつ剤に眠くなる成分が入っているので、それにより過眠症になる事もあります。

こういう時は薬を変えてみるとか、治療法を変えてみる事ができますが、医師とよく相談して決めます。

他にはリラックスできる環境を作る、規則正しい生活を送り体にリズムを刻みこませるという方法もあります。

お風呂は意外と効果があるので、睡眠障害で眠れない時は、ぬるいお風呂に入ってゆっくり体を温めてみてください。

 
  • facebook
  • tweet
  • google+
  • はてブ